TEL.096-324-3515
お問い合わせ

Chronic obstructive pulmonary disease

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)とは、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患であり、喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病といえます。
40歳以上の人口の8.6%、約530万人の患者が存在すると推定されていますが、大多数が未診断、未治療の状態であると考えられます。

症状

歩行時や階段昇降など、身体を動かした時に息切れを感じる労作時呼吸困難や慢性のせきやたんが特徴的な症状です。一部の患者では、喘鳴や発作性呼吸困難などぜんそくの様な症状を合併する場合もあります。

原因

最大の原因は喫煙であり、喫煙者の15~20%がCOPDを発症します。タバコの煙を吸入することで肺の中の気管支に炎症がおきて、せきやたんが出たり、気管支が細くなることによって空気の流れが低下します。また、気管支が枝分かれした奥にあるぶどうの房状の小さな袋である肺胞(はいほう)が破壊されて、肺気腫という状態になると、酸素の取り込みや二酸化炭素を排出する機能が低下します。COPDではこれらの変化が併存していると考えられており、治療によっても元に戻ることはありません。

検査

•胸部X線
•呼吸機能検査(スパイロメトリー)※スパイロメーターという器械を使い、肺活量と、息を吐くときの空気の通り易さを調べます。
•血液検査、 動脈血ガス分析
• 喀痰の塗抹、培養、等

診断

長期の喫煙歴があり職業上の粉塵暴露歴など慢性にせき、たん、労作時呼吸困難があればCOPDが疑われます。
確定診断にはスパイロメトリーといわれる呼吸機能検査が必要です。その他画像診断や動脈血ガス分析、血中酸素濃度の測定、血液検査、心電図検査などを行い、喘息や他の気流閉塞を起こす気管支拡張症、うっ血性心不全などの疾患との鑑別を行います。

また、COPDは全身の炎症、骨格筋の機能障害、栄養障害、骨粗鬆症などの併存症をともなう全身性の疾患です。
これらの肺以外の症状が重症度にも影響を及ぼすことから、併存症も含めた病状の評価が必要になります。

治療

1)禁煙

原因となる喫煙の中止がCOPD治療の基本です。中止したいという動機付けが欠かせません。

①禁煙治療
喫煙はニコチン依存という薬物依存と言えます。一般に、起床後30分以内に最初のタバコを必要とし、1日1箱より多く(21本以上)吸う場合は、ニコチンへの依存度が高い喫煙者です。依存者はタバコをやめると、イライラ感、不安、集中困難、眠気などの離脱症状が現れるので、医師の指導のもと行うニコチンを薬物として補いつつ離脱させるニコチン置換療法とチャンピックスの内服による喫煙依存離脱法があります。


2)薬物療法

COPDの呼吸困難・肺機能障害の重症度に応じて使用する治療薬が異なります。

①気管支拡張薬
気管支・肺胞の閉塞性障害に対して使用される薬物は、吸入性気管支拡張薬のβ2刺激薬と抗コリン吸入薬、経口するテオフィリン薬です。 抗コリン薬の副作用として前立腺肥大患者で尿閉を起こし、緑内障を悪化させることがありますので注意が必要です。

②ステロイド薬
中等症以上のCOPDは全身的副作用の少ない吸入ステロイド薬の吸入を併用します。COPDの増悪に対しては経口・注射などの全身的投与も行います。

③その他
喀痰の多いCOPD患者には、いろいろな去痰薬が用いられます。


3)酸素療法

COPD患者に対する長期在宅酸素療法は、低酸素血症を改善して寿命を延ばし、肺高血圧や肺性心の進行を阻止し、うつ傾向など精神神経の機能障害を改善し、入院治療を減らす効果があると言われています。


4)呼吸リハビリテーション

呼吸療法士、理学療法士のもとで口すぼめ呼吸、腹式呼吸などの呼吸リハビリテーションの訓練を受けます。


5)栄養管理

COPD患者の呼吸筋力の低下を防ぐため十分な蛋白を含む食品を積極的に摂るようにします。肺性心による心機能の低下があるときは、食事の塩分を7~8g以下に制限する必要があります。


6)感染症予防

呼吸器感染症、特にインフルエンザ感染、肺炎球菌感染は、COPDを急性増悪させますので、高齢のCOPD患者には感染予防のため肺炎球菌ワクチンやインフルエンザワクチンの接種が勧められています。

慢性閉塞性肺疾患を疑われる方やお悩みの方は、呼吸器内科を受診されることをお勧めします。
なお当院は、呼吸器内科医が在籍しています。まずはお電話(Tel.096-324-3515)でご相談ください