TEL.096-324-3515
お問い合わせ

Doctor

医師紹介

理事長 嶋田英敬(しまだひでたか)

医療法人如水会理事長の嶋田です。1994年に東京慈恵会医科大学を卒業し、2001年から医療法人如水会で透析医療を中心とした診療に携わっております。日本内科学会内科認定医、日本透析医学会専門医、日本感染症学会ICD認定医、日本痛風・核酸代謝学会認定痛風医といった資格を持っています。中でも認定痛風医の資格は全国的にまだ人数が少なく熊本県では当院にしかいないという珍しい資格ですので、痛風や尿酸値に関することなら、お気軽にご相談ください。
母校の東京慈恵会医科大学創設者である高木兼寛は『病気を診ずして病人を診よ』という言葉を遺しました。日進月歩で多忙な医療界において「病人を診る」ということは必ずしも容易ではありませんが、自戒の念を込めて改めてこの言葉を反芻する日々です。

院長 木村俊一(きむらしゅんいち)

私が嶋田病院院長に赴任してから早いもので16年余りになりました。この間、新病院への移転、新立体駐車場の建設などの施設面の充実、病院機能評価Ver.6の取得、超音波検査・内視鏡検査・インターベーション治療(針を刺して細いチューブを血管内に挿入し、狭窄した血管を広げる治療法)などの機能面、診療面の充実を計ってきました。
まだまだ至らないところもありますが、今後も40年以上にわたる実績を持つ『慢性腎不全に対する透析治療』、県下唯一の痛風協力医療機関として『痛風・糖尿病などの生活習慣病の治療』など、当院の特色を生かしながら、地域医療に貢献していきたいと思います。 職員一同、今まで以上に質の高い・人に優しい医療を心がけてまいりますので、どうかよろしくお願いいたします。

副院長 池田拡行(いけだひろゆき)

これまでは主に県内の基幹病院で腎臓内科として研鑚しておりました。当院では腎疾患全般の診断と治療、特に慢性腎疾患の進行阻止に力を入れて参ります。また透析療法については、良好な透析の基礎となるバスキュラーアクセス(シャント)の作成と維持に力を入れており、特に患者さんの負担を軽くすることができるインターベンション治療(PTA)については県下でも有数の症例数を行っております

医師 診療部長 藤本晴香(ふじもとせいこ)

当院では慢性腎不全の患者さんの透析医療のほか、一般外来で痛風をはじめとした高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の患者さんがたくさん来院されております。

また、新たな国民病『慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)』は、成人の8人に1人いると言われており、その早期発見や治療に専門病院として取り組んでおります。
いずれも初期には自覚症状がほとんどありませんが、将来心臓や脳の動脈硬化性疾患へとつながる怖い疾患ですので、食事療法、運動療法から薬物療法まで、個々の患者さんの生活状況に合わせたきめ細やかな対応でよりよいコントロールを目指しています。
なかには痛風かと思って来院された患者さんが、関節リウマチやその他の関節炎を患っていらっしゃることもあり、適切な診療を行なうように心がけています。

また透析中の患者さんには、よりよい透析医療をお届けすると共に合併症に留意し、質の良い生活が維持できるよう努力して参ります。

医師 前原優一(まえはらゆういち)

慢性腎臓病(CKD)は無症状のまま進行し、やがて全身血管病(脳卒中や心筋梗塞など)を引き起こすリスク因子であると考えられ、現在、成人の8人に1人がCKDを患っていると見積もられています。CKDの原因は個々人で異なりますが、多くの場合は高血圧や糖尿病、高尿酸血症といったいわゆる生活習慣病が根底にあります。腎臓という臓器を通して、ご自身の今後の人生において「最も大切なもの」に気づいて頂き、「CKDの進行を抑制して健康寿命を延ばす」という共通のゴールを目指し、一人一人の人生観や価値観に沿った方法で、前向きに治療に取り組めますようサポートしております。
熊本市の推し進めるCKD対策事業に携わる専門医の一人として、腎臓の状態が気になられている方々のお力になれますよう日々精進して参ります。

医師 麻酔専門医 嶋田雅子(しまだまさこ)

熊本大学付属病院へ済生会熊本病院で麻酔を専門に研鑽してまいりました。現在も熊本大学付属病院へは非常勤医師として足を運び日々Updateしております。
当院は開院45年を迎えます。地域の皆様にもっとお役に立てる様親しみやすく相談しやすい病院づくりを目指します。

PAGE TOP